忍者ブログ

OH! MY

ブログ!

個人のブログ 日常の日記や詩
リンクフリー、相互リンク募集中です、トラックバックもご自由に
個人のブログ。日常の日記や詩
[200] [199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴァンパイア十字界(作:城平 京  画:木村 有里)を買ってきた。
1年くらい前に最終回を迎えた作品ですけど、
友人に言ってもどうせ知らないんでね、ここに感想を。

スパイラルと同じ作者ですね。(絵は違う)
スパイラルも読んだけど、こっちのが好き。
だけど、世間の目は、
スパイラル>ヴァンパイア十字界
私は少しずれているのかもしれない。
と、いうかこの作品の知名度がすごい低い気がするのは気のせいですか?

人気ブログランキング
クリックしてくれるとうれしいです



そもそもスパイラルがそんなに面白くないと感じるのですが、それはおいといて(書き出すと長くなる気がする)、本題に入りましょう。

ヴァンパイアがタイトルのとおり出てきます。
でも、吸血シーンは1回だけで、しかもこのシーンがいいシーンなんだ。読んだことある人は、きっと賛同してくれると思う。
この漫画の設定ではヴァンパイアは、とても強くて、日の光に弱い、吸血能力はあるが血を吸う必要はない、それぐらい。

とりあえずwikiからあらすじ
遠い昔、夜の国の至高のヴァンパイア王は、余りの強さから人間だけでなく同族からも恐れられた。そしてついには愛する女王を人質にとられ、王は処刑されることとなる。しかし、それに狂乱した女王は自分でも知りえなかった秘めた魔力を暴走させ世界を崩壊の危機へと追い込んでしまう。人々はかろうじて女王を世界のどこかに封印するが、王はそれに怒り、自ら夜の国を滅ぼしてしまう。

女王を助け出すために、王は封印をめぐって同族や人間たちと果てのない戦いを続けていく。最後のヴァンパイア王「ローズレッド・ストラウス」は、守るべき国も民も捨てて封印を探す放浪を、千年以上も続けている…。ただ、愛する女王「アーデルハイト」を取り戻すために。


この漫画のよさは、読んでいる人を驚かせる、展開。
実際、話しの作り方がすごいうまいと思う。
後半にいっても、話がだれずにどんどん面白くなっていく。
あと、感情が痛切に伝わってくる。
読んでて胸が締め付けられるような感覚になった。
あと、終わり方が個人的にすごい好きな終わり方だった。
実際、話の都合上、そうなってしまうのだろうとは思っても、すごい好きな終わり方だった。

ただ、この漫画、序盤があまり面白くない、具体的には1、2巻あたり。
1、2巻は面白くないが、かといって3巻から読むとそれでは面白くない。
そういう困ったちゃんである。
ためしに読んでみようと思った人は、少なくとも3、4巻あたりまで読み進めることをお勧めする。読んでみて損はないと思う。というか読め、と言いたくなる。別に一気に全巻買ってくれてもいい。何も問題ない。
あと、絵が・・・って批判がたまにあるけど、後半に行くにつれてうまくなる。

最後に好きなキャラクターを、
やっぱりブリジットでしょ。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールフォーム
プロフィール
HN:
井沢 ナオ
年齢:
28
性別:
男性
誕生日:
1989/06/10
職業:
大学生
自己紹介:
所在地:愛知県
メールアドレスです。
isawanao?yahoo.co.jp
?を@にしてください
メッセ友達も募集です
コメント、相互リンク募集中。相互リンクしてくれる方はコメントにお願いします。
ブログペット